気分はゴムとび

ホーム >  写真散歩 > 長崎ランタンフェスティバル

2006年長崎ランタンフェスティバル 【平成18年】

1994年に第1回長崎ランタンフェスティバルとして開催され、2006年で13回目を迎えた。
中国の旧正月(春節祭)に合わせて2週間、長崎の夜の街は、ランタン一色に彩られる。
ランタンの総数は、約15000個。
いろいろな形をした大きいオブジェから小さいものまで赤や黄色などの色彩に包まれて中国色満載だ。
ランタンを飾っている場所は、長崎市内あちらこちらに分散している。
主な会場は、新地中華街側の湊公園。
私のお勧め場所は、ロウソク祈願四堂めぐりをしている唐人屋敷会場、崇福寺、興福寺です。


今年は、中国獅子舞が印象に残りました。30分間、ストーリーのある展開で動作もユーモアがありました。
華僑の2・3・4・5世の方が毎日練習されて、湊公園会場で披露されています。
お囃子は、子ども達。 二人組で高い棒に乗り、軽々と移動する様は、ドキドキ。
素晴らしい演技でした。会場からの拍手、大きく聞こえました。

 

ホーム写真散歩 >  長崎ランタンフェスティバル

ページのトップへ戻る