気分はゴムとび

招き猫・猫グッズ・黒柴犬・写真・パソコンで遊ぼう♪

ホーム >  Photo Gallery  > 長崎くんち > 平成16年 長崎くんち

平成16年(2004年)の長崎くんち

大黒町 --傘鉾・くんち舞・唐人船
出島町 --傘鉾・阿蘭陀船
本古川町 -傘鉾・御座船  
東古川町 -傘鉾・川船  
紺屋町 --傘鉾・本踊
樺島町-- 傘鉾・太鼓山(コッコデショ)

この年は、太鼓山(コッコデショ)を追ってみました。
10月の本番に向けて6月から開始された練習やくんち本番の庭先まわりのようす、くんちのゆうべでのコッコデショです。

200年前に大阪・堺地方の船頭集が堺壇尻(太鼓山)を指導し始められたといわれている。 樺島町の太鼓山。
重さ約1トン、舁棒の長さ6m。舁棒から地面までの高さは約50cm。
舁夫(担ぎ手)は36人、総指揮者1名、副総指揮者1名、長采(ながさい)4名、棒先8名、采振(ざいふり)4名、太鼓山4人(乗り子)

3日間、何回も「コッコデショ!」の声で高く上がる太鼓山、感動です。

担ぎ手は、大勢の応募者の中から身長・体力テストをへて、選ばれると聞く。
6月の練習開始から本番まで夕方から夜9時くらいまで毎日練習だ。
8月のある日、大波止で練習風景を見た。担ぎ手達の汗が輝いていた。

樺島町の傘鉾

万才町で庭先回り中のコッコデショ

長崎くんちは、踊り馬場だけでなく庭先回りでも一生懸命披露してくれる
采振りの子供が舁棒の前後に2人ずつ

大きな声で

高く上がった太鼓山をがっしり受け止める
大きな拍手がわき上がる!

大勢の人に送られて次の庭先回りへ

披露しましたという印をつける

ここは、JRの長崎駅。すでに多くの人が待っています。
その歓声に答えるように太鼓山が動く!

JR長崎駅のモニターにもバッチリ太鼓山

太鼓山が動けば人も動く。追っかけです、私も(笑)

夜の中央公園

「ホーォーエーア、ホーランエーェ、ヨヤサノサー、アー、ヨヤサノサ」

7年後の平成23年、その7年後の平成30年も元気で見られますように

 

ホーム >  Photo Gallery  > 長崎くんち > 平成16年 長崎くんち

ページのトップへ戻る