気分はゴムとび

長崎くんち

長崎市民の氏神、鎮西大社『諏訪神社』で毎年10月7日から3日間開催される「長崎くんち」。
「長崎くんち」は、国指定重要無形民俗文化財です。この3日間はワクワクそわそわします。
毎年5から7つの町の踊町が出場し、一つの町は7年に一度、踊りを奉納します。
昔、長崎の市街地は77カ町あり、それを7分割して1ヶ町が7年に一度踊りを奉納することになっており、その当番町を「踊町」と言いました。
その後の町の再編成などで町名や町数は変わりましたが、7年一巡制は残っています。
おくんちのすべてを見るためには7年かかると言うことですね。

 6月1日小屋入りに始まり、奉納踊り町の練習が始まる。

10月3日「庭見世(にわみせ)」くんちの準備が出来ましたと披露します。
10月4日「人数揃い(にいぞろい)」リハーサル。

いよいよ本番!
10月7日(前日)奉納踊り、お下り、庭先回り
10月8日(中日)奉納踊り、庭先回り
10月9日(後日)奉納踊り、お上り、庭先回り

踊場

庭先回り

(踊町が踊場以外に各会社、店舗等の前で短い踊りなどを披露します)

 

令和元年 (2019年)長崎くんち

7年前の様子は、平成24年(2012年)「的射(まとい)神事」・お下り(15枚) ・諏訪神社 奉納踊(26枚)
14年前は、平成17年(2005年) 24枚の写真

平成30年(2018年)長崎くんち

そのⅠ(23枚) ・そのⅡ(19枚

 

平成29年(2017年)長崎くんち

そのⅠ(24枚) ・そのⅡ(20枚

7年前の平成22年(2010年)様子は、・お下り ・庭先回り ・お上り(22枚の写真)

14年前の平成15年(2003年)の様子は20枚の写真


平成28年 (2016年)長崎くんち

そのⅠ(23枚) ・そのⅡ(20枚

7年前の上町の奉納は本踊りでしたが、平成28年は「上町コッコデショ」。

7年前の平成21年(2009年)様子は、庭見世・庭先回り(21枚)・諏訪神社の奉納踊り(22枚)。

14年前の平成14年(2002年)の様子はこちら(20枚)


平成27年 (2015年)長崎くんち

そのⅠ(18枚) ・そのⅡ(17枚

7年前の様子は、平成20年のこちらから庭先回り32枚の写真です。

 

平成26年 (2014年)長崎くんち

そのⅠ(22枚) ・そのⅡ(26枚)


平成25年 (2013年)長崎くんち

そのⅠ(27枚) ・そのⅡ(21枚)


平成24年 (2012年)長崎くんち

「的射(まとい)神事」・お下り(15枚) ・諏訪神社 奉納踊(26枚)


平成23年 (2011年)長崎くんち

・そのⅠ(27枚) ・そのⅡ(23枚)


平成22年 (2010年)長崎くんち

・お下り ・庭先回り ・お上り(22枚の写真)

 

平成21年(2009年)長崎くんち

庭見世・庭先回り (21枚)・諏訪神社の奉納踊り(22枚)

 

平成20年(2008年)長崎くんち

平成20年度WEBアルバム

20年度の庭見世、庭先まわり(32枚の写真)

 

平成19年(2007年)長崎くんち

平成19年の長崎くんち17枚の写真

 

平成18年(2006年)長崎くんち

18年の庭見世

 

平成17年(2005年)長崎くんち

17年 24枚の写真


平成16年(2004年) 長崎くんち

16年 22枚の写真

太鼓山(コッコデショ)の8月の稽古風景・おくんち本番での庭先まわりのようすや 公会堂での奉納。

 

平成15年 (2003年)長崎くんち

15年の長崎くんち 20枚の写真


平成14年 (2002年)長崎くんち

14年の長崎くんち 20枚の写真

 

長崎くんち<長崎伝統芸能振興会>のWEBはこちら

諏訪神社

長崎の市民に「おすわさん」と呼ばれている諏訪神社。
お正月、お宮参り、初節句、七・五・三、車のお祓い、等々市民の生活に欠かせない。
その中でも特に、10月7~9日の3日間は、「おくんち」で大にぎわいなる。祭前の準備中のおすわさん。
おすわさんの入り口。階段193段を登ると境内です。

ページのトップへ戻る