気分はゴムとび

招き猫・猫グッズ・黒柴犬・写真・パソコンで遊ぼう♪

パソコン備忘録

エクセル2010 < 半円グラフ

半円グラフ

1、エクセル2010で半円グラフにしたい表「データ」を作ります。

※割合の大きい順に半円グラフを作成したい場合は、データの表を値の大きい順に並び替えた表を作成します。

2、グラフにしたいデータを選択、「データ範囲」ですね。(ドラッグすると選択できます。)
  A3セルからB8セルをドラッグしました。合計のセルも選択します。
3、リボンの【挿入タブ】をクリック。グラフの種類から円グラフを選ぶ。

円グラフ作成のためのデータ
円グラフもいろいろ6種類ありますが、ここでは一番おなじみの形の所2-D円をクリックして選びます。

4、アッと言う間にグラフが作成されました。グラフのタイトルは、ありません。(Excel2010)

円グラフですが、合計を含めているのでこのような形になります。

円グラフ

5、ここから半円グラフへ編集。
 グラフを編集するときは、グラフをクリック
 エクセルの一番上に【グラフツール】が表示されました。
 【グラフツール】には3つのタブがあります。【デザイン】【レイアウト】【書式】
 この3つ【デザイン】【レイアウト】【書式】を使って編集します。
【デザイン】からレイアウト4を選んでみましょう。データラベルと数値が表示されました。
※エクセルの画面を広げて表示するとクイックレイアウトでなく、グラフのレイアウトになります。 グラフのスタイルを変えてみます。スタイル10を選んでみました。

【レイアウト】
グラフタイトル・凡例・データラベル等の表示に関してここで設定。


グラフタイトルの文字の上でWクリック。文字を入力します。「おやつ調査」
グラフタイトルがいらない場合は、そのままの「なし」で

いよいよ半円グラフへ! 円グラフの回転です。

円グラフの上で右クリック。系列”人数”が選ばれています。

データ系列の書式設定をクリック

系列のオプションでグラフの基線位置を0から270に数字を入れます。

合計が半円の下にきました。

合計は、表示させたくないので、合計の要素の上で右クリック

データ要素の書式設定をクリック

合計の項目だけ透明化します。塗りつぶしは、なし。枠線の色は、なし。影もなし。

合計,525を選択して「delete」とすると見た目、半円のグラフの出来上がり!

合計がいる場合は、少し移動して調整します。

後は、少し編集してみました。グラフエリアを塗りつぶし無し。枠線をなし。

実態はあるので、後から変更することも可能です。

ワードやパワポにこの半円グラフをコピーして貼り付ける場合、図として貼り付けた方が使いやすいと想います。

半ドーナツグラフ

作成したいドーナツグラフのデータを選択。この場合も半円グラフと同様に合計まで含めます。

上記の3で円グラフを選びましたが、挿入→グラフ→その他のグラフ→ドーナツを選択。

合計の凡例は、いらないので凡例をDelete。

半円グラフと同じように編集し、270度回転します。データ系列の書式設定をクリック。
系列のオプションでグラフの基線位置を0から270の数字にします。ドーナツグラフの回転です。

後は、目的によって編集します。合計の表示無しなら塗りつぶし無し。枠線をなし、影無し。

半ドーナツグラフ

プロットエリアをクリックしたときには、透明化した合計のデータも。
半ドーナツグラフ

ワードやパワポにこの半ドーナツグラフをコピーして貼り付ける場合、図として貼り付けた方が使いやすいと想います。

 

エクセル Excel 2010

ページのトップへ戻る